渡航規制が緩くなったハワイで安心して留学する方法

こちらのページでは下記テーマについて解説していきます。

1.  世界で先駆けて二週間の隔離措置を解除したハワイ ”Safe Travels Hawaii Programs”とは?

2.  ハワイは今、どんな状況なのか?(2021.9.10更新)

3.  PCR検査ってどこで受けられるの?いくらくらい? ハワイ州公認のPCR検査を受けられる医療機関

4. PCR検査で陽性になっちゃったら、どうすればいいの? 知っておきたい、旅行保険と海外旅行特約保険について

5. 知っておきたい、旅の手配の流れ

6. 現地の学校の対応は?

7. 検査結果が陰性でも、検査後や旅中や現地でもし感染しちゃったら?
  どう隔離すればいいの?ご飯を買いにいくなど、外出はできる?

8.日本帰国に伴う注意事項(2021.4.19)

9.e-Mommyのリムジンチャーター観光のご案内

ハワイ州が全米や他の国に先駆けて10/15日に、出国の72時間前のPCRの事前検査が陰性の場合、
また、ホノルル到着時の体温検査で38度以下であることを条件に、これまでの14日間隔離強制を
解除しました。
ただ、ニュースやあちこちのウェブを見ていても、実際はどうなっているのか?
手続きはどうすればいいのか? 分かりづらいですよね?

皆様が安心して留学できるよう、ご案内致します!

1.  世界で先駆けて二週間の隔離措置を解除したハワイ ”Safe Travels Hawaii Programs”とは?
__________________________________________

ハワイ州のイゲ知事がアメリカ本土と日本からの旅行者を対象に、

① 入国の72時間前でのPCR検査が陰性の場合、
② 到着時、空港での検温時、発熱や症状がない場合

それまで渡航者全員に課していた14日間に渡る隔離強制を10/15日に解除しました。

これにより、旅行や留学など、ハワイを気軽に楽しめるようになることが期待されていますが、

もっと掘り下げていきます。

2. ハワイは今、どんな状況?

__________________________________________

「セーフアクセスオアフ」プログラムにおいて海外からのワクチン接種証明書が承認されました

ハワイ現地時間9月13日よりオアフ島で開始される「セーフアクセスオアフ」プログラムにおいて海外からのワクチン接種証明書が承認されました。レストランやバー、ジム、その他の施設を利用する際のワクチン接種証明書とともに身分証明書の提示が義務付けされます。

日本の場合、米国と異なり、各地方自治体発行の海外渡航用ワクチン接種証明書が存在するため、このワクチン接種証明書を提示しても一部の施設、機関で入店・入館できない可能性もございます。あらかじめご了承ください。

必ずご一読ください。
日本厚生労働省:海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

海外からの渡航者のワクチン接種証明書の条件:
-FDA(米国食品医薬品局)が承認している新型コロナウイルス感染症のワクチン接種メーカーであること(ファイザー、モデルナ、またはジョンソンアンドジョンソンのいづれか)
-最終接種日より15日経過していること
-公的機関(自治体)が発行した海外渡航用新型コロナワクチン接種証明書であること
-英語にて接種証明が記載されていること

身分証明書の条件:
-氏名と顔写真があるもの
-氏名と生年月日があるもの
例:パスポート、ハワイ州が発行する身分証明書、運転免許証、学生・在職証明証

注意事項:
-アストラゼネカ社のワクチンは米国食品医薬品局から正式なワクチンとして現在承認されていません。
-場合によっては上記ワクチン接種証明書が承認されない可能性があります。

プログラム対象となる施設
-レストラン(屋内の飲食スペースを常置しているスーパーやフードコート含む)
-ジムやフィットネスセンター、ヨガ、ピラティス、バレー、ダンススタジオ、ボクシング/キックボクシングジム、フィットネス・ブートキャンプ、屋内プール等
-ボーリング場
-射撃・アーチェリー会場
-プール
-ビリヤード施設
-映画館
-美術館/博物館
-その他レクリエーションゲームまたはエンターテイメントセンター
-ボタニカルガーデン
-動物園
-水族館・海洋生物関連のアトラクション
-商業用ポート
-公共・プライベートプール
-その他アトラクション(カルチャー関連、ゴーカート、ミニゴルフ)

詳しくは、こちらのWebをご参照ください。
(https://www.oneoahu.org/reopening-strategy

アメリカ本土やヨーロッパなどと比較して、比較的安定していることから、弊社ではWith コロナ時代の留学として現在、ハワイをおススメしています。

3.  PCR検査ってどこで受けられるの?いくらくらい? ハワイ州公認のPCR検査を受けられる医療機関
__________________________________________

ハワイ到着後の2週間の隔離を行わない場合、日本出発の72時間以内にPCR検査はNAAT(核酸増幅検査)と
呼ばれる、アメリカ食品医薬局(FDA)及びハワイ州保険当局承認の検査を受けることが条件となります。


日本でNAATの検査を受けられる医療機関は以下の通りとなっています。

医療機関名 所在地 ウェブサイト
札幌東徳洲会病院 北海道、札幌市 https://www.higashi-tokushukai.or.jp/
亀田総合病院千葉県、鴨川市http://www.kameda.com/ja/general/
CLINIC FOR 大手町東京都、千代田区https://www.clinicfor.life/otemachi/
亀田京橋クリニック東京都、中央区http://www.kameda-kyobashi.com/ja/
聖路加国際病院東京都、中央区http://hospital.luke.ac.jp/
CLINIC FOR 田町東京都、港区https://www.clinicfor.life/tamachi/
Tケアクリニック浜松町東京都、港区https://www.tcclinic.jp/pc/
芝国際クリニック東京都、港区http://shibakoku-clinic.com/
西新橋クリニック東京都、港区https://www.tramedic.com/
三田国際ビルクニリック東京都、港区https://www.mkb-clinic.jp/
国立国際医療研究センター病院東京都、新宿区http://travelclinic.ncgm.go.jp/index.html
東京医科大学病院東京都、新宿区https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/
KARADA内科クリニック東京都、品川区https://karada-naika.com/
ロコクリニック中目黒東京都、目黒区https://loco-clinic.com/
湘南鎌倉総合病院神奈川県、鎌倉市https://www.skgh.jp/
トラベルクリニック新横浜神奈川県、横浜市https://travelclinics.jp/
藤田医科大学病院愛知県、豊明市https://hospital.fujita-hu.ac.jp/
藤田医科大学 岡崎医療センター愛知県、岡崎市https://okazaki.fujita-hu.ac.jp/
藤田医科大学 ばんたね病院愛知県、名古屋市https://bantane.fujita-hu.ac.jp/
野崎徳洲会病院大阪府、大東市https://nozaki.tokushukai.or.jp/
やまさきファミリークリニック兵庫県、尼崎市https://yamasaki-family-clinic.com/

2020年12月22日、ハワイ州保険局が承認した、日本の厚生労働省が認可する核酸増幅検査(NAAT検査)ができる医療機関が、新たに27カ所追加発表されました。これにより、全国84ヶ所の指定医療機関で事前検査プログラムに必要な陰性証明書を発行することが可能となりました。

新たに追加された医療機関はこちらです。

(出典:ハワイ州観光局 COVID-19情報サイト

検査は健康保険適用外となるケースが多いようで、料金は検査費用が2万5千円~5万円程度、

陰性証明書の発行が5千円~1万円程度となるようです。

陰性証明書はハワイ州が定めるものが必要となっています。
また、医療機関によって、飛行機の出発時刻、或いはハワイ到着時刻に間に合わない場合があります。
陰性が事前に証明されない場合、証明されるまでの期間が自主隔離となる場合もあります。
詳しくは、お近くの検査機関にお問合せ下さい。

4. PCR検査で陽性になっちゃったら、どうすれば? 知っておきたい、旅行保険と海外旅行特約保険について

__________________________________________

日本出発の72時間前に検査を受けて、陽性になってしまったら….。
本当に残念ながら、「旅」をあきらめる必要があります。


そしたら飛行機代や宿泊等のツアーの料金はどのくらい戻ってくるの?

e-Mommyでは、最良の保険プランをご提案いたします。

こちらも、LINE公式アカウントよりお問い合わせ頂けます!

5. 知っておきたい、必要な書類と旅の手配の流れ

__________________________________________

どんな書類が必要なの? どんな流れになるの?
With コロナでは、ハワイへの旅行も少し今までと異なります。

<必要な書類>

・パスポート (有効期限内)
・ESTA (有効期限内)
・海外旅行保険 / 特約
・コロナ検査の陰性証明書 (指定医療機関、ハワイ州指定の書式のもの)

<手配の流れ>

1. 留学先、飛行機や宿泊先、空港からの移動手段の手配を行います。

2. コロナ検査の医療機関を手配します。
3. ハワイ州のTravel and Health Formに必要な渡航の情報を登録します。https://travel.hawaii.gov/#/


<72時間前∼ 日本出発まで>

・医療機関でPCR検査を受けます。

・陰性証明書(実物)を取得、「ハワイ州Travel and Health Form」に陰性証明書をアップロードします。https://travel.hawaii.gov/#/

陰性証明はこういったものです。

・出発24時間以内に「ハワイ州Travel and Health Form」に健康状態などを入力し、

 QRコードを取得します。

・出発の空港のチェックインカウンターで、パスポート、ESTA、ハワイ州Travel and Health FormのQR

 コードを提示します。

・無事、飛行機に乗ります。

<ハワイ到着時>・ホノルル(ダニエル・イノウエ)空港で入国審査を済ませた後、
  検温を行い、渡航情報などが入力されたQRコードを検査テーブルで提示します。
    体温が38度以下の場合、また症状がない場合はそのまま留学をお楽しみ頂けます

(以下ハワイ州観光局日本事務局のWebサイト https://www.allhawaii.jp/covid19/process/ より)

6. 現地の学校の状況は?

__________________________________________


学校によって、オンラインと実際のクラスを併行して行う、人数限定の小規模で
クラスを行う、アクティビティーの制限があるなど、対応にバラつきが見られます。


ハワイ各学校の最新情報や、ベストな学校や留学先の情報収集に、是非オンラインサロンをご活用ください!

ハワイに行きたい!第9回ハワイサロン開催(2021年9月25日)

7. 検査結果が陰性でも、旅中や現地でもし感染しちゃったら?

__________________________________________

出発72時間前のPCR検査で陰性でも、出発前や旅行の道中、滞在中に感染してしまうことなどが
考えられます。 そんな場合はどうすれば良いでしょうか?

病院は?隔離は?保険は?食事は?様々な悩みが出てくるかと思います。

語学学校や留学先にに連絡しても、実際の対応は難しいと考えられます。

また、感染してしまった場合、症状が出た場合は入院や通院を行う必要があります。
症状がない場合でも、14日間滞在先での隔離が求められ、買い物等含めて、外出が禁止されていて、許可なく外出した場合、最悪逮捕されてしまう場合もあります。

そこで、ハワイに常駐のスタッフがいる弊社では、コロナ禍でも安心してハワイで過ごして頂けますように
コロナ禍安心現地サポートオプションをご用意しております。

こちらのパッケージのみのご利用も可能ですので、LINE公式アカウントよりお問い合わせください

ハワイコロナ禍安心留学サポートパッケージのご案内

8. 日本帰国に伴う注意事項(2021.4.19)

__________________________________________

4月19日より、日本への帰国前PCR検査規定が厳しくなりました。ハワイから帰国する際も、帰国出発前72時間以内の陰性証明書の提出が義務付けられます。厚労省指定のフォームを使用する必要があり、認定クリニックの指定フォーマットの陰性証明取得ではないと、審査が長引いたり、入国拒否される場合もあるということです。短期渡航される方はご注意ください!また、日本に入国・帰国の際は質問票の提出が必要です。ハワイをご出発になる前にご確認ください。
在ホノルル日本国総領事館が把握している所定のフォーマットで検査証明を出している病院はこちらです。
在ホノルル日本国総領事館/Consulate General of Japan in Honolulu

帰国前PCR検査サポート

e-Mommyでは、日本への帰国前PCR検査の厳罰化に伴い、厚生労働省認定クリニックの予約から、クリニックでのPCR検査の付き添いまでサポートを行うことになりました。
お子様一人の場合も含めて、お一人当たり150ドルでサポート致します。
安心して帰国できるか、ご自身での手配に不安な方はご検討くださいませ。

9. e-Mommyのリムジンチャーター観光のご案内

__________________________________________

コロナ禍でも安心してハワイをお楽しみ頂けるよう、リムジンチャーターでの「プライベート観光案内」をご用意致しました。レンタカーを使って慣れない土地での運転は、道を間違えてしまったり、ガソリンの入れ方も日本とは違うので不安も大きいですよね。
e-Mommyのリムジンチャーター(3名様まで)は、日本人ドライバーガイド付き、4時間チャーターで369ドルです。1時間追加の場合、89ドルずつ加算されます。食べ歩き、ショッピング、パワースポット巡りなど、お客様のご希望によってご利用頂けます。
現在、急なハワイ観光の盛り上がりで、ハワイ中でレンタカーが不足していて車の確保も大変なようです。是非、車とドライバーをチャーターしてゆったり島めぐりをお楽しみください!

お問い合わせ、お申し込みはお問い合わせページよりお願いいたします。